ウォーターサーバー水ボトルの違いとは?

ウォーターサーバーの水のボトルにはワンウェイ方式とリターナブル方式がある

ウォーターサーバーは、水のボトルをサーバー本体に装填して使用しますが、この水のボトルの種類も各ウォーターサーバーのメーカーによって異なります。

 

ウォーターサーバーの水のボトルは2つのタイプに分かれ、『ワンウェイ方式』と『リターナブル方式』とあります。
どのような違いがあるのか簡単に言えば、ワンウェイ方式は、ボトルが使用していく度にボトルがつぶれていくタイプで、使用後は家庭用の不燃ごみとして捨てられます。リターナブル方式のボトルはボトルは使用中も使用後もそのままの形で、使用後は空になったボトルをウォーターサーバーのメーカーの方に回収してもらう必要があります。

 

この水のボトルの違いによって、水の衛生面であったり、ボトルを置くスペースなどが変わってきます。また、サーバー本体にボトルを取り付ける作業においても、ワンウェイ方式のボトルでは、リターナブル方式のボトルより女性や高齢者の方でも取り付けやすいといった利点があるのも事実です。

 

ワンウェイ方式とリターナブル方式の違い

 

フレシャスはワンウェイ方式のボトルを使用しています。従来のリターナブル方式のボトルとどんな違いがあるのでしょうか?

水のボトルに外気が入らないので、雑菌の繁殖の心配がなく衛生的

ウォーターサーバーの衛生面の違い

ワンウェイ方式 リターナブル方式
水を使用した時のボトルに空気を取り込まない仕組みになっているので、外気中のチリやほこりなどの雑菌を混入するのを防ぎますので、ボトル使用後まで水の劣化を防いで衛生的で安全に水の鮮度を保つことができます。 リターナブル方式の場合は、サーバーのタンク内に空気が入ることにより水が出る仕組みになっています。ですので、外気中の雑菌を取り込みやすく、雑菌の繁殖に注意をしなければなりません。

 

リターナブル方式のボトルよりも軽量で取り付けやすい

水のボトルの違い

ワンウェイ方式 リターナブル方式
フレシャスではワンウェイ方式の軽量タイプのポリ容器を使用していますので、サーバーの取り付け時も女性や高齢者の方でも取り付けやすくなっています。 リターナブル方式のボトルは硬質の素材の容器を使用していますので、ワンウェイ方式のボトルに比べ重量があります。ですからサーバーへの取り付け作業時はワンウェイ方式のボトルよりも力が必要になってきます。

 

使用後は小さくたたんで捨てることができるワンウェイ方式のボトルはかさばらない

水のボトルの処理の違い

ワンウェイ方式 リターナブル方式
使用する度にボトルがつぶれていくタイプなので、使用後はそのまま小さくたたんで家庭用の不燃ごみとして捨てることができます。使用後のボトルの置き場所に困ることがなくなります。 リターナブル方式のボトルは使用後も形は変わりません。空いた水のボトルは再利用するため、専門の業者の方に回収してもらわなければなりません。回収が来るまでは、空きボトルのスペースが必要になってきます。

 

このようにフレシャスは、水のボトルの衛生面で安全であることや、軽量タイプで女性や高齢者の方でも取り付けやすいことなどから人気があるということなのですね。
やっぱり毎日口にする水は安全なものが良いという方はフレシャスはいかがでしょうか?

 

 

【フレシャスのおいしい天然水】の詳細はコチラ