バナジウムって何? バナジウムについてご紹介します。

【フレシャス】の水に含まれているバナジウムは美容と健康に効果的です!!

フレシャスの水は原水として、富士山の開発限界地域である標高1000メートルから天然の水を採水しています。この水は、富士山の7層の玄武岩層がもたらしている豊富なバナジウムや亜鉛、その他のミネラルがバランス良く含まれ、発がん性物質と言われる硝酸性窒素・亜硝酸性窒素が、水道水や市販のミネラルウォーターと比べても圧倒的な少なく、不規則な現代人の生活もサポートしてくれる、とってもオススメな水なのです。

富士山の採水地の図解

 

 

けれども、このバナジウムとは一体どんなものなのでしょうか?

 

あさりとひじきの画像

バナジウムというものは、カルシウムやナトリウムなどのミネラルと同じ種類の一つで、本来地中や海水中に含まれている成分のことを指します。このバナジウムは、わずかですが人間の体内にも含まれている成分なのです。同様にバナジウムを多く含んでいるものとしては、貝類や海藻類が多く、あさりやひじきなどもその一部です。1988年に、「水系別の水野成分研究」により、玄武岩の地盤の地下水や伏流水に、バナジウムの含有量が高いことが明かになりました。このバナジウムは近年、健康に良いものとして話題となっています。バナジウムがインスリンと同様な働きの物質であると考えられ、血糖値をコントロールする作用があり、今や国民病とも言われている糖尿病に良いと言われています。また、脂質の代謝を良くする働きもあることから、血液の流れを良くし、動脈硬化や高血圧にも効果があると言われています。

 

このような体に良い働きをするバナジウムが、【フレシャス】には多く含まれています。富士山の7層の玄武岩の地盤によって、数百年かけてじっくり澄まされた天然水だからですね。

 

水を飲む女性

 

また、バナジウムたっぷりの【フレシャス】の水であれば、脂質の代謝も良くする働きがあるので、ダイエット中の方やお肌を気にしている方など、美容にもとってもオススメな水なのです。ミネラルは煮沸しても分解されることがないので、バナジウム水を多く含む【フレシャス】の天然水を料理や飲料として使うのがオススメです。亜鉛や溶存酸素を含んでいますので、おいしさも格別でしょう。

 

美容や健康に関心の高い方はぜひバナジウムたっぷりの【フレシャス】をお試し下さい!!

 

【フレシャスのおいしい天然水】の詳細はコチラ