夏バテ防止と脱水症状にならないためには

夏バテ防止には水を飲もう【子どもの脱水症状を防ぐ】

体の水分量の内訳グラフ

人間の体の大部分は水分で占められています。その割合は、子どもで約70%、大人で約60%、高齢者で約50%と言われています。年齢が増えるごとに体内の水分量は失われ、それは成長する過程で脂肪がついてくるので、脂肪の増えた分が水分量の減少につながります。体内の水分は、血液や細胞の間にある体液として常に蓄えられている状態にあります。この体液は、人間の体の体温を調整する機能を持っていて、体温が上がりすぎてしまわないように、体液が汗として体外に出ると、皮膚から熱を奪って蒸発してくれるので、体の熱が冷めるようになります。また、体液は尿や汗などを出すことで、体内にある毒素を排出してくれる働きも持っています。

 

この体液の元となっている水分が、1日にとらなければならない水分量として不足してしまい、しっかり体の中に取り込まれていないと、暑さなどで体温が上昇されてしまったときに体温調節機能がしっかり働かなくなってしまいます。すると汗として体液を排出する動きがストップしてしまう可能性が出てきます。熱中症などはこれが原因で起きてしまうことが多いのです。こうすると脱水症状になって、体の様々の機能が低下してしまいます。ですから水分補給はしっかりしておかなければならないのです。脱水症状が軽度であれば問題はないのですが、重度の脱水症状を引き起こしてしまうと、けいれんが起きたり、脳へとダメージが大きくなってしまいますし、中には死に至ってしまうこともありますので注意しましょう。

 

水分補給のポイントとは

こまめに水分を摂る
のどが渇いたと感じる前に水分をとる

水分補給をする際のポイントとしては、水分をこまめに摂ることと、のどが渇いたと感じる前に飲むよう習慣づけるようにしましょうしましょう。汗をかいたあとにたくさんの水分補給をすると体がだるくなってしまいます。汗をかく前に水分を摂ることが必要です。水分をしっかりとっているつもりでも、排出されている汗の量や尿の量に比べて体内に取り込んでいる水分が少なかったら、体の水分はどんどん失われてしまいます。十分な量の水分を摂ることが大切なのです。

 

冷たい飲み物で体を冷やしすぎないようにしましょう

夏場の水分補給は、どうしても冷たい飲み物を摂ってしまいがちですが、エアコンなどで冷えてしまっている体に冷たいの物を取り込むと、余計に体を冷やしてしまうことになってしまいます。体が冷えてしまうととは夏バテの原因のひとつと考えられていますので、体を温める飲み物を飲むように心掛けましょう。温かい飲み物や体を温める効果のある食品などをとったりすることが良いですね。しょうがなどは、体を温める作用がありますので、しょうが紅茶などを作ってみるのも良いですね。しかし、飲み物が甘すぎてしまったりすると、疲労回復時には糖分は有効なのですが、糖分を摂りすぎてしまうと、食欲不振になってしまうこともあります。食欲不振になればどんどん夏バテになってしまう可能性が高くなってしまうので、糖分の入った飲み物の摂りすぎには注意しましょう。

 

適度な水分補給と、日光などの直射を受け続けないように心掛け、夏バテと脱水をしっかり防止していきましょう。

 

 

水分補給にオススメな水はこちら